影牢火(かげろい)


  

 檻の内側と外側で。

 あなたが愛したその人は、鬼となり人形となり。




 戦の声が遠からぬその時代。

「嫁に来い」と言われたあなたは

昔使用人として働いていた鶴賀家へと向かいます。

そこであなたが命じられたのは

「地下牢にいる長男と契る」こと

愛と欲とに翻弄され、

あなたがたどる運命は


鶴賀琢実(つるがたくみ)

鶴賀家当主。

義理の兄を陥れて当主の座を手に入れたはいいが、子供ができない苦悩を抱えている。

後継がいなければ当主として完璧にはなれないことを恐れて、一計を案じる。

頑健で武道も得意とする。康介とは母親が違う腹違い。妾の子供であることに劣等感を抱く。

戦争で大陸にいたが右足を負傷して内地に戻る。右足は義足。

42歳。180センチ/80キロ

CV 脳無々様


鶴賀康介(つるがこうすけ)

鶴賀家長男。

本来は家督を継ぐはずの男だったが、次男の琢実の奸計に嵌まり本家の地下牢に閉じ込められてしまう。

あまり体が丈夫ではなく、定期的に入退院を繰り返している。

穏やかな性格で家を継ぐより外で研究をしたいと思っていた。

45歳。178センチ/68キロ

CV イヲリ様


その3


その2


その1